避難

気持ち

避難情報の名称を考えてみた

更新日:

スポンサーリンク

 

 

 

 

はじめに

大雨とか災害のときに、「避難勧告」とか「避難指示」とか出されますが、なんかわかりづらいです。

その名称をもっとわかりやすい表現にできないかと、勝手に考えてみました。

実際に出されるものは、お住まいの地域によって違ったりするようですので、本物はお住まいの役所のサイトなどでご確認ください。

 

ここで私が考えたことは、誰かに連絡するわけでもなく、どうなるわけでもないでしょう。

 

 

 

現在の名称

内閣府の防災情報のページ

↑の情報によると、現在は3つあります。以下、抜粋。リンク切れ。

避難指示(緊急)

まだ避難していない人は、緊急に避難場所へ避難をしましょう。
外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、近くの安全な場所への避難や、自宅内のより安全な場所に避難をしましょう。

 

避難勧告

速やかに避難場所へ避難をしましょう。
外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、近くの安全な場所への避難や、自宅内のより安全な場所に避難をしましょう。

 

避難準備・高齢者等避難開始

難に時間を要する人(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児等)とその支援者は避難を開始しましょう。
その他の人は、避難の準備を整えましょう。

 

 

以前は、避難指示(緊急)は避難指示でした。
それで、避難勧告と避難指示では、避難勧告のほうがより避難すべき感じがしていました。
だから、指示のほうに(緊急)がついただけでも前よりはわかりやすくなった気がします。

 

ですが、文字数の違いがなんかしっくりこない感じです。

まず、文字数が多いほうが重要のように感じることがあります。
それだと避難準備が重要になってしまいます。

逆に文字数が少ないほうが重要とも感じることがあります。
それでは避難勧告が重要になってしまいます。

 

ということで、そんなところをふまえてちょっと考えてみました。

 

 

 

改善案

弱・中・強

避難(強)

避難(中)

避難(弱)

(※上から避難指示、避難勧告、避難準備の代わりになるものです。以降の案でも同様とします。)

これはシンプルで、かっこの中の文字の違いですぐに判別できると思います。

 

High Mid Low

避難High

避難Mid

避難Low

上の弱中強の英語版ですね。

わかりやすいと思うけど、英語に抵抗ある人には受け入れてもらえないでしょうか。

 

緊・勧・準

避難(緊)

避難(勧)

避難(準)

現在の名称の一部を使っているので、移行しやすいのではないのでしょうか。

 

 

 

まとめ

とりあえず、ざっと勝手に考えてみました。

現在の名称の問題は、そもそも名称が長いとか文字のチョイスが悪いとか、なんかいろいろあるように思いました。
重要なことなのに、よく考えられていない感じがするのは私だけでしょうか?

-気持ち

Copyright© ギャンしてギャンすっとギャンなっと! , 2021 All Rights Reserved.