日記

試してみた

映画レビュー「孤狼の血」※ネタバレなしのつもり

投稿日:

スポンサーリンク

 

 

 

 

ストーリー

予備知識は特になしで観ました。
雰囲気的に、古いヤクザ映画のようなストーリーかと思っていました。
しかし、話が進むにつれて「なんか飽きないように作り込まれてるな」というのを感じだしました。
最後はすっかり引き込まれて、満足してました。

 

 

役者さん

まさにこの映画は役者さんでよいものになっていると思いました。

主に、役所広司さんがずっしりと中心を固めて、その周りを松坂桃李さんがガチガチガチっと固めていたように思います。
特に松坂桃李さんが見事だったと思います。
表情だけの演技とか、感情の変化を伝える感じとか、うまかったと思います。
私が勝手に持っていたイメージは、かっこよさのほうが演技力よりも勝っていたものでした。
それは違って、演技力かなりある役者さんであると、私のイメージはアップデートされました。

 

あとは、真木よう子さんとかピエール瀧さんはまあ普通によかったと思います。

江口洋介さんとか竹野内豊さんも出てましたが、特に印象に残ることはなかったです。

 

 

グロさ

R-15作品ということで、それなりの覚悟はしていました。
ですが最近、BS/CSでR-15作品をよく観ていたからか、そこまで衝撃的なシーンはないように感じました。
まあ、キツイ内容であるところはかなりあったので、R-15作品を観たことがないかたは注意が必要でしょう。

全体的に生々しさを感じまして、安っぽい感じはほとんどなかったです。
そのおかげで重厚な世界が作られていて、いい雰囲気が出ていたと思います。

-試してみた

Copyright© ギャンしてギャンすっとギャンなっと! , 2021 All Rights Reserved.