令のバリエーション

気持ち

令和の「令」の書き方の最後は棒か点か

更新日:

スポンサーリンク

 

 

 

 

どんなんでもいいじゃないか

新元号「令和」に決まりました。
それで、令の最後に書くのは縦にのばすべきか、点にすべきか気になりました。

前に似たように「天」の横棒の2本目を1本目より長くする書き方について調べたことがあります。

天の二画目の長さを一画目よりも長くしてよいのか?

そのときの参照した文化庁の指針に、また記載がありました。

常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)(案)

どうもみんなよく気になることのようで、「はじめに」にいきなり例としてあげられています。
そして、Q&Aにも記載がもちろんあります。

Q42 「令」や「鈴」を手書きの楷書でどう書くか(中略)
A 本来であれば,書き直す必要のないものです。(以下略)
(引用:常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)(案)第3章Q&A42より)

(入力できない文字があり、大幅に省略しています。詳しくはリンクの指針を参照ください。)

 

結果として、どちらの書き方もありますよ、ということです。

漢字には様々な書体や字体があって、印刷するときや手書きでも様々なものが現状で使われています。
ひながな、カタカナ、漢字とか、音読み、訓読みとか、様々なものをごっちゃで使っているのは、日本の文化と言えるのかもしれません。

-気持ち

Copyright© ギャンしてギャンすっとギャンなっと! , 2021 All Rights Reserved.