繰り返される話の対策

気持ち

同じ話を何度も聞かされたときにイラッとしない方法

投稿日:

スポンサーリンク

 

 

なんとかしたい!その話

同じ話を何度も聞かされたら何かイヤな感じがします。
自分がパターンにはめられていて、相手に主導権をにぎられている感じだからでしょうか?

何の話が来るか事前にわかっているのだから、何か対策できるはずです。
ちょっと考えて、よさそうな方法を実践してみました。

その話に関連する話を準備する、というのが良さそうです。

 

対策を考えてみた

無視する

無視したとしても、耳に入ればイラッとします。
その前に、目の前の人の話を無視する度胸は、私にはありません。

 

その話はやめてと言う

私には、そんな度胸はありません。

 

話を変える

そんなスキル、私にはありません。
また、私にはそんな度胸...(略)

 

その話に関連する話を準備して、その話をつなげてする

これならできる、私にも。
というか、これありきで進めてたろ、とか言わないで。

まず、あれこれ計画をねるのは楽しいです。
あの話が来たら、この話をしてやろう、とコントロールする計画です。

 

私の体験:宇多田ヒカル→藤圭子の話

テレビなどで宇多田ヒカルが出ると、いつも母は同じ話をします。
「宇多田ヒカルは藤圭子に似てきたねぇ」
回数としては、せいぜい10数回くらいだと思いますが、うんざりしてます。

藤圭子に関する情報を集めてみました。
すると、すごい興味深い話がわんさか出てきます。

これでしばらくは、テレビで宇多田ヒカルが出てきても、イラッとしないですみそうです。
というより、むしろ出てくれたほうが、楽しめそうです。

 

なんとかできるよ!その話

もし、誰かに同じ話を聞かされて困っているならば、関連する話を準備してみましょう。

お、サントリー天然水のCMだ。

 

-気持ち

Copyright© ギャンしてギャンすっとギャンなっと! , 2021 All Rights Reserved.